読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘリ着陸帯の撤去要求 タイヤ落下受け宜野座村議会が抗議決議

宜野座宜野座村議会(小渡久和議長)は22日午前、UH1ヘリがつり下げ訓練中に複数のタイヤを落下させた事故を受けて、定例議会で抗議決議と意見書を全会一致で可決した。抗議決議の宛先は在日米国大使と在日米軍司令官、在沖米国総領事など。意見書の宛先は安倍晋三首相ら。意見書と抗議決議は23日、沖縄防衛局に渡す。
 抗議決議と意見書の中で落下事故について「いつ起こるかもしれない落下事故が現実のものとなり、村民を恐怖と不安に陥れたことは、戦場さながらの状況で、断じて許されない」と批判した。その上で①提供施設外上空の米軍機の飛行訓練の即時中止②ヘリコプター着陸帯「ファルコン」の即時撤去③事故原因を徹底的に究明し、結果を速やかに